離婚で大きな問題となる住宅ローンの連帯保証人

家賃を支払って賃貸物件に住む家族の多くは、住宅ローンを借りることでマイホームを手に入れたいと願っています。住宅ローンを申し込むと金融機関は担保として連帯保証人を求めてくることがありますが、探すことは容易ではなく債務者は夫で連帯保証人は妻というケースは少なくありません。
夫に収入があり夫婦円満で過ごしているうちは問題ないのですが、離婚となると大変な問題を引き起こすことになります。
連帯保証人とは法的に債務者と同じ責任を負わなければならず、債務者が支払い能力がなければ債権者は妻へ返済を請求してきます。
そのため離婚後妻は連帯保証人を外れたいと望みますが、住宅ローンは借入当初の金融機関との取り決めなので何もなしでは一般的には認めてもらえません。
一定以上の資産と収入があり代わりに連帯保証人になってくれる人を探すか住宅ローン残額分に相当する固定資産を担保にするなどの方法もありますが、厳しい条件といえます。
他にも夫の収入だけでローン残額の借り換えができる場合は離婚前に住宅ローンの借り換えを行う方法がありますが、ローンの支払いが滞る場合は返済額が残っても無理のない返済プランを立ててもらえる任意売却がお勧めです。
場合によっては夫婦とも破産宣告をするケースもあるため、安易に考えるのは危険です。

Comments closed