住宅ローンの生命保険

住宅ローンを利用するときは生命保険に加入しなければなりません。
加入するとローン契約者が死亡したり余命宣告を受けたりした時はローン残額に相当する保険金が出ます。
銀行は貸し倒れを防げますし、残された家族はローンの支払をせずに家に住み続けることができます。
なお、生命保険は既往症があると生命保険会社から加入を拒否されることがあります。
生命保険に加入できないと住宅ローンを利用することができません。
住宅ローンの利用を考えている人は日頃から健康に気をつけましょう。
生命保険は死亡と余命宣告の他にも様々な病気で働けなくなった場合をカバーするプランが用意されています
一番手厚いプランは八大疾病を保障します。
ガンや脳卒中、急性心筋梗塞のほか、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病までカバーしているので万が一の時にも安心です。
もっとも、保障の手厚いプランを選択すると、金利が高くなります。
本当に必要なのかよく考えたほうが賢明です。
例えば20代からローンの返済を初めて30代には返済を終了するという場合は、まだ若いので病気のリスクがそれほどありません。
高い金利をわざわざ払う必要性は乏しいでしょう。
その一方で40代からローンの返済を開始するというような人はこの先病気になるリスクがあるので利用を検討しても良いかもしれません。

Comments closed