住宅ローンの追加融資に関して調べる

住宅ローンを1度組んで何か問題が起きた場合に追加融資を受けたい可能性が生じる場合があります。
考えられる案件としては中古物件を購入してその建物が立て替えが必要になった場合です。
意外と傷んでいて建て直す必要がある場合などです。
こういった場合に住宅ローンの追加融資を受けたい場合は、担保をどのように設定出来るかという点が重要です。
担保を設定出来れば有担保ローンという方法をとることが出来ますし、担保を組む事が出来なければ無担保ローンという事になります。
有担保ローンが組める場合はまだ土地に担保価値があるかどうかということですが、ない場合は無担保ローンで借りるしかありません。
どうしても借りる必要がある場合は、現在借りている銀行などに相談するのが1番いい方法です。
方法としては一旦形式上として一括返済をする形をとって再度審査をしてどの程度の融資が可能か決定していく事になります。
有担保ローンであれば金利を安くする事が出来ますが、無担保ローンの場合は金利が高くなってしまいます。
また後から住宅ローンの追加融資をするのは審査において厳しくなってしまうのが一般的です。
ですから始めにどれくらいかかるかしっかり精査して申し込む事が非常に大事です。

Comments closed