住宅ローンの本審査を複数行うわけは?

われわれが、自分の家を持つ場合、住宅ローンを利用しています。
住宅ローンは、便利ですが長期にわたって、銀行から融資を受け、毎月返済を行います。
人生の大きな買い物で、事前に土地柄・立地条件・金額など調査を行い失敗の無い用に勉強をします。
金額も一生かけて、支払う事になるので、銀行選びは重要な課題です。

住宅ローンはどの銀行も、一律ではありません。
必ず仮審査を行い本審査を受け、融資実行となります。
土地や建物を販売する工務店やメーカーは、なるべくお客様に、安く販売をしたいので、仮審査が通った後、本審査を複数社に申請をかけ、融資実行金の最大額や金利が安い銀行を探し当てて、お客様の満足度に貢献します。
本審査は一本に絞ってもよく、確実に狙えると分かっていれば提携の銀行に融資を依頼する事もできますが、たいていの場合は複数の銀行に本審査を依頼する事になります。
複数の銀行に住宅ローンを依頼する事により、金利の引き下げや貸し出し最大額の引き上げを狙った、工務店やメーカーのテクニックです。

本審査はあくまでも仮審査が、通らなくてはなりませんが、銀行に依頼をかけるならば複数の銀行に融資を依頼するほうが、得策と言う事になります。

Comments closed